予備校の強み
ホワイトボードを用いて説明する男性

経験値と情報量

医学部に合格した人の中には予備校などには通わず、自分で勉強した!という人も時々いますが、こういう人はかなりの努力家で、更には元々勉強のやり方や自分のモチベーションのコントロール方法を知っている人です。
自宅勉強で成績が伸び悩んでいるお子さんが努力していないという訳ではないんですね。受験はマラソンと同じです。最初に頑張りすぎると後で息切れしてしまいますし、かと言ってゆっくりしているとゴールできないし。
長いマラソンコースを良いタイムで走りきるには効率的な勉強のやり方と、自分のモチベーションの高め方、保ち方を知る必要があります。
学校では勉強内容についてはしっかり教えてくれますが、受験への最短ルートの努力方法は教えてくれません。医学部を目指すお子さんは普通の受験生よりも圧倒的な勉強時間が必要です。
しかし医学部を受験する人もそうでない人も、受験までに与えられた時間は平等。その限られた時間の中でどう効率的に勉強するかが鍵になるんです。
学力もモチベーションの高まるポイントも人によって全く違います。そして、自分でそれを理解するにはかなりの時間がかかってしまい、気付いた時にはもう遅かった、なんて悲しいこともあるんです。
そんな時に、予備校はしっかりとそれぞれの生徒に合った勉強方法やモチベーションのコントロール方法を教えてくれます。
圧倒的な経験値と情報量は学校では持ち得ない、予備校ならではの強みです。頑張るお子さんのために是非医学部予備校を一緒に選んであげては如何でしょうか。