笑顔の女性と男性
親として出来ること
胴上げ

これで安心の医学部 予備校はこちらです。偏差値大幅アップ間違いなしで、内容豊富の授業内容で満足間違いなし。

受験は「自分自身との孤独な戦い」と言われていますが、「自分自身との孤独な戦い」が出来るようになるためには周囲の協力が必要です。
受験は体力、精神力を沢山使い、心身ともに疲れてしまうことになるので環境が整っていないと、「自分自身との孤独な戦い」の前に「周囲との激しい戦い」が起こってしまいます。
お子さんが医学部を目指しているという保護者の方の中には、自分自身も医師だと言う方も少なくないでしょう。きっと名門校に入った成功体験がある方もいるかもしれません。
でも、お子さんは貴方と血こそ分け合っていても全く違う別の人間です。自分の経験を当てはめて考えるのは控えてあげて下さいね。
中には高いレベルの予備校に入って、とにかく揉まれながら成長させるという方針の方もいますが、レベルの高い予備校に入ってもついていけなくなってしまったら本末転倒です。
まずはお子さん自身も保護者の方もお子さんの今もレベルを知ることが大切です。また、現在の医学部受験は30年ほど前に比べると格段に難しくなったと言われています。
そう言った時代の流れも把握し、お子さんのレベルに合った良い医学部予備校を選ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。
医学部合格者の声を見てみると、保護者が干渉しすぎず暖かく見守ってくれたことにとても感謝しているという声が多くありました。
予備校の送り迎えや、食事面での健康管理など、親としてできることは沢山あります。頑張るお子さんの姿をそっと見守ってあげて下さい。

予備校の強み

ホワイトボードを用いて説明する男性

自宅勉強で成績が伸びないお子さんを見て、「努力できない子」なんてレッテルを貼ってはいませんか?良い予備校を選べばきっと成績は上がります。まずは一緒にお子さんに合った予備校を選んであげて下さい。

学費の相場は?

白衣を着ている男性と女性

医学部予備校の学費の相場は、安くても一般私立大学の1年間の学費くらいはかかると言われています。決して安い金額ではないので、ちゃんとお子さんの成長に繋がるような良い予備校を選ぶ必要がありますね。

予備校の選び方

学習風景

授業方法はもちろん、受験期間という長い時間を過ごす予備校だからこそ、空間作りにこだわっている医学部予備校も沢山あります。どんな予備校なら頑張れそうか、お子さんと良く相談して良い予備校を選べるようにしましょう。